08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回冨士山スノートレッキング、お天気でした!!

朝は水たまりに氷が張るほど気温が下がり、日陰はブルブル。

8時半ごろから参加者が集まり、総勢32名にもなりました。NHKラジオを聞いたという町外の方も数名。
DSC03613_convert_20130324220715.jpg

小学生と高校生の姿もあり、ごあいさつのあと、カンジキやスノーシューを履いて、しゅっぱ~つ!
DSC03615_convert_20130324222730.jpg

初めのうちは緩やかな上りでしたが、杉林になると少し急になり、ストックの力を借りてえっちらおっちら。
DSC03618_convert_20130324220845.jpg
てっぺんに積もった雪の重みで杉の木がかなり折れていました。

だんだんと陽射しが温かくなり、25分ほどで頂上到着!
DSC03621_convert_20130325141328.jpg

周りの杉の木が伸びて、絶景がとぎれとぎれになってしまっていました。

昔、ここには冨士権現のお社があったそうですが、今は石灯籠と石の祠だけが残っています。
DSC03625_convert_20130324221106.jpg

実は、この石の祠の下を人がくぐれるようになっており、「胎内くぐり」といってどんな悪いことをしても3回くぐれば生まれ変われると言われているそうです。

三等三角点に立つ標柱も雪に埋もれていました。
DSC03629_convert_20130324221659.jpg

さっそくお湯を沸かし、コーヒーで一服する人も。
DSC03627_convert_20130325141411.jpg

いつもは草刈でしか登らないので、この光景は不思議でした。

みんなで記念撮影。バックには飯豊山があるのですが。
DSC03624_convert_20130325141346.jpg

さて、下りは別のルートへ。

景色は最高でした。
DSC03632_convert_20130324221722.jpg
高陽山、鏡山、飯豊山などが一望できました。

急な杉林の中をジグザグに下りて、ようやく平らに。
DSC03634_convert_20130324221821.jpg

しばらくすると、地元の人が大きな木を見上げて、「あれはクマ棚だな」と教えてくれました。
DSC03638_convert_20130324222021.jpg

木の上の方に枝を折って寝床を作り、餌を運んで冬眠前の食事をするのだそうです。

最後に木の橋を渡り、下の登山口に着きました。
DSC03639_convert_20130324222050.jpg

最初の上り口に戻ると、主催者の奥様方の手で豚汁の用意が着々と進んでおり…。
DSC03640_convert_20130324222835.jpg

DSC03643_convert_20130325141454.jpg

軽トラの荷台が臨時の食堂に早変わり。
DSC03641_convert_20130325141435.jpg

美味しかったデス!!
DSC03642_convert_20130324222202.jpg

みんなで後片付けをしたあとは、元の静けさに…。
DSC03645_convert_20130324222235.jpg


主催者は、来年はもう少し早い時期に開催したいと、意欲満々でした。
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secre

FC2カウンター

イベント・スケジュール

ブログ翻訳

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©鮟鱇(あんこう)

プロフィール

art village

Author:art village
2004(平成16)年9月、福島県西会津町で廃校になった木造校舎にリトアニアから芸術家が来て「西会津国際芸術村」が始まりました。以来、ポルトガル・アメリカ・ドイツ・ブルガリア・クロアチアから10名の外国人芸術家と1名の日本人芸術家が滞在し、創作活動や芸術交流を行ってきました。
現在、版画家が毎月短期滞在して創作や町民、小中学生との芸術交流を広めています。

開館時間 10:00~15:00  休館日 公募展準備期間中のため不定期です。
☎&FAX 0241-47-3200
E-メール:nishiaizu.kokusai.
geijutsumura?gmail.com(?を@に代えて)

QRコード

QRコード

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。