06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「斬新な利用法で再び校舎に子どもたちの声が戻った」

2月1日午後6時過ぎから、テレビユー福島の「THE NEWS-f」の特集番組『廃校跡の空き校舎 有効利用で活気再び』の中で、西会津町の取組みが紹介され、西会津国際芸術村の活動の様子が放映されました。

DSC00360_convert_20100202181107.jpg
                                  ⒸTUF

DSC00364_convert_20100202184230.jpg
                                  ⒸTUF

DSC00366_convert_20100202184321.jpg
                                  ⒸTUF
ラデとユリアが滞在しての感想は?
DSC00362_convert_20100202184412.jpg
                                  ⒸTUF

DSC00363_convert_20100202184454.jpg
                                  ⒸTUF
町担当者の意見は?
DSC00367_convert_20100202184626.jpg
                                  ⒸTUF

DSC00368_convert_20100202184649.jpg
                                  ⒸTUF

町内の小学生が芸術村の見学と芸術交流にやってきたときの様子です。
DSC00369_convert_20100202184735.jpg
                                  ⒸTUF

覚えたての日本語で話しかけます。「好きな色はなんですか?」
女の子は「ピンク」と答えます。
DSC00370_convert_20100202184757.jpg
                                  ⒸTUF

福島県内の小中学校は平成5年には798校ありましたが、平成22年には733校に減少してしまうそうです。

廃校になる空き校舎をどう活用していくかが今後知恵を絞っていかなければならない課題と、伝えていました。

西会津国際芸術村がその参考例としてお役に立てればうれしいです。
関連記事

テーマ : 語学・国際交流
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secre

FC2カウンター

イベント・スケジュール

ブログ翻訳

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©鮟鱇(あんこう)

プロフィール

art village

Author:art village
2004(平成16)年9月、福島県西会津町で廃校になった木造校舎(旧新郷中学校)にリトアニアから芸術家が来町て「西会津国際芸術村」が始まりました。以来、ポルトガル・アメリカ・ドイツ・ブルガリア・クロアチア・オーストラリアから11名の外国人芸術家と1名の日本人芸術家が滞在し、創作活動や町民・小中学生たちと芸術交流を行ってきました。
2010(平成22)年度からは、海外国内を問わず芸術家に対し、創作活動の場を提供しており、ギャラリー・地域文化の育成・グリーンツーリズムの拠点となる文化交流施設として活用されています。


開館時間 10:00~17:00  休館日 月・火
☎&FAX 0241-47-3200
E-メール:niav.public?gmail.com(?を@に代えて)

QRコード

QRコード

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。