11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の卒業式

今朝は雪が舞っていましたが、7時から30分の間に2回立て続けにわりと大きな余震があり、ビックリしました。
11日の揺れがよみがえりました。

そんななか、お隣の新郷小学校で卒業式が行われました。
先の大震災を考慮し、西会津町内の小学校では紅白の幕を自粛し、簡素ながら卒業生にはなむけの気持ちを伝える式にしたいとのことでした。
そして、もし強い揺れが起きたら、近くのストーブの消火をお願いします、との注意がありました。
大変な時期の卒業式であることは間違いありません。

卒業生5名、在校生11名、来賓16名のこじんまりした式でしたが、広い体育館が温まるような心のこもった式でした。


校長先生から卒業証書をいただき、
<br />DSC01491_convert_20110323121745.jpg

5人姉妹のような卒業生が中学生生活の抱負を述べ、
DSC01493_convert_20110323121415.jpg

卒業証書を親御さんへ手渡し、握手を交わしていました。
親御さんも感慨深そうでした。
DSC01494_convert_20110323121443.jpg

校長先生は一人ひとりの頑張りや長所をほめたたえ、町音楽祭のお話では学校あげての練習を思い出され、言葉に詰まる場面もありました。
それだけ、全児童に対する愛情と思い入れがお強いのだろうと感動しました。

そして、卒業生と在校生が向かい合い、「わかれのことば」。
在校生が卒業生一人ひとりに感謝を述べていきました。
<br />DSC01495_convert_20110323121502.jpg

「旅立ちの日に」や校歌を歌い、卒業生退場。
DSC01497_convert_20110323121548.jpg

DSC01498_convert_20110323121603.jpg

外に出ると、雪がちらついていました。
臨席されたおまわりさんは、「少人数ならではの中身の濃い温かな式でしたね」と話されていました。
DSC01499_convert_20110323121619.jpg

卒業生の皆さんには、4月からの新生活を楽しみ、毎日新しい自分を発見して成長していってほしいものです。

来年度でこの小学校も廃校になり、一つの小学校に統合されます。
4月には何人の新入生が入るのでしょうか。
児童数は少なくても、充実した1年になりますように。

関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secre

FC2カウンター

イベント・スケジュール

ブログ翻訳

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©鮟鱇(あんこう)

プロフィール

art village

Author:art village
2004(平成16)年9月、福島県西会津町で廃校になった木造校舎にリトアニアから芸術家が来て「西会津国際芸術村」が始まりました。以来、ポルトガル・アメリカ・ドイツ・ブルガリア・クロアチアから10名の外国人芸術家と1名の日本人芸術家が滞在し、創作活動や芸術交流を行ってきました。
現在、版画家が毎月短期滞在して創作や町民、小中学生との芸術交流を広めています。

開館時間 10:00~15:00  休館日 公募展準備期間中のため不定期です。
☎&FAX 0241-47-3200
E-メール:nishiaizu.kokusai.
geijutsumura?gmail.com(?を@に代えて)

QRコード

QRコード

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。