06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかえり、キャスタスさん!

12日(土)、東京からの雪国ツアーのバスに同乗し、午後3時ごろ、芸術村の玄関にキャスタスさんの大きな姿が現れました。

涙の再会(!?)を予測していたのですが、にっこり笑って手を挙げるキャスタスさんを見たら、「おかえり!」という感じでした。
5年前と少しも変りなく、親しみやすい笑顔で、安心しました。
おかえり、キャスタス_convert_20110218111514

キャスタスさんが来るというので、当時からいろいろお世話になった石彫家の佐藤賢太郎さ(新潟県阿賀町在住)も駆けつけてくださり、ちょうどバスが着いたとき再会され、ご一緒に玄関へ。
賢太郎さんと一緒_convert_20110218111529

夕方には、当時の町長さん(中央)と助役さん(右)もおいでくださり、たくさんの方々がキャスタスの再訪を喜んでくださいました。
DSC01376_convert_20110215142808.jpg

その後の夕食会で、安藤理事長(NPO西会津国際芸術村)から改めて皆さんに紹介され、「西会津の皆さんから優しくしていただいたことを忘れたことはなく、今でも時々夢に見ます」と話してくれました。
人情味の厚い人柄がにじみ出ています。

この日は、西会津の料理とお酒も堪能したのではないでしょうか。
DSC01401_convert_20110217140703.jpg


さて、翌13日(日)は雪国まつりに出かけ、『雪の上で愛を叫ぶ』に参加しました。
(なかば無理やりエントリーしてきたんですけど…)

去年は、ユリアさんが参加しましたが、快晴でした。
DSC01412_convert_20110217141449.jpg

降りしきる雪のなか、
「6年前、西会津に住んでいました。今も皆さんは私の心の中に住んでいます」と、
ニホンゴで叫んでくれました。
愛を叫ぶキャスタス_convert_20110218111545

そのあとは、ロータスインの温泉でじっくり温まったそうです。
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secre

FC2カウンター

イベント・スケジュール

ブログ翻訳

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©鮟鱇(あんこう)

プロフィール

art village

Author:art village
2004(平成16)年9月、福島県西会津町で廃校になった木造校舎にリトアニアから芸術家が来て「西会津国際芸術村」が始まりました。以来、ポルトガル・アメリカ・ドイツ・ブルガリア・クロアチアから10名の外国人芸術家と1名の日本人芸術家が滞在し、創作活動や芸術交流を行ってきました。
現在、版画家が毎月短期滞在して創作や町民、小中学生との芸術交流を広めています。

開館時間 10:00~15:00  休館日 公募展準備期間中のため不定期です。
☎&FAX 0241-47-3200
E-メール:nishiaizu.kokusai.
geijutsumura?gmail.com(?を@に代えて)

QRコード

QRコード

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。