08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回西会津国際芸術村公募展2010 祝賀会

午後3時から、祝賀会が開かれました。

それに先立ち、故永瀬義郎氏の遺品プレス機の寄贈式が行なわれました。
ご子息であられる永瀬薫氏より町長へ寄贈目録が手渡され、町長より感謝状が贈られました。
IMG_2021_convert_20101011124450.jpg

乾杯の音頭は、新郷地区のH議員さん。
「今日はノンアルコールなので、やさし~く『かんぱい』」のご発声。
会場は笑い声と笑顔に包まれました。
IMG_2022_convert_20101021173517.jpg

しばしなごやかにご歓談。
IMG_2028_convert_20101011124524.jpg

フリービールやソフトドリンク、Iパン屋さんのサンドイッチやスタッフ手作りのケーキやサラダなど、ささやかながら真心のこもったお皿が並びました。
IMG_2027_convert_20101011124508.jpg

受賞者のコメントをいただいたあと、第4回学生大賞の長谷川裕美さんからも東京での個展への意気込みを伺いました。
「昨年、祝賀会の帰りに、町長さんが車に乗せて野沢駅まで送ってくださり、まるで温かい父のようでした。
今は社会人になり、二足のわらじで絵を描いていますが、学生時代、絵を描く時間がいかにたくさんあったかを痛感しています。
今回の個展を機にアーティストとしての第一歩を踏み出したいと思います。」
                       (「頬被り」というご自身の作品を背に)
IMG_2044_convert_20101011124543.jpg
私たちも知らないエピソードに驚きました。

そして、今年もチグリハーブさんがおいでくださり、ミニライブを開いてくださいました。
今回はシックな衣装で、バイオリンとギターの音色と彼女の透きとおる歌声に、会場はしばし時が止まったような空間となりました。
心を琴線をはじかれて頬に涙がつたう方も…。
DSC01077_convert_20101011140738.jpg
チグリさん、今年も心を洗っていただき、ありがとうございました。
関連記事

テーマ : アートイベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secre

FC2カウンター

イベント・スケジュール

ブログ翻訳

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©鮟鱇(あんこう)

プロフィール

art village

Author:art village
2004(平成16)年9月、福島県西会津町で廃校になった木造校舎にリトアニアから芸術家が来て「西会津国際芸術村」が始まりました。以来、ポルトガル・アメリカ・ドイツ・ブルガリア・クロアチアから10名の外国人芸術家と1名の日本人芸術家が滞在し、創作活動や芸術交流を行ってきました。
現在、版画家が毎月短期滞在して創作や町民、小中学生との芸術交流を広めています。

開館時間 10:00~15:00  休館日 公募展準備期間中のため不定期です。
☎&FAX 0241-47-3200
E-メール:nishiaizu.kokusai.
geijutsumura?gmail.com(?を@に代えて)

QRコード

QRコード

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。