08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西会津中学校との初交流-文化部で版画教室

期末テストが終わった日、文化部のクラブ活動として版画教室を開きました。
版画家 堀尾佐和さん、東京スタッフ3名が補助し、前日から中学校にある版画プレス機の点検や道具、紙類を準備しました。

当日も、1時間前から机の並べ替えや新聞紙を引いたり、クラブ活動直前の行事が長引き、実質1時間しか持ち時間が無くなり、ハラハラしました。

参加部員18名。
堀尾さんは自己紹介もそこそこに版画の説明をはじめ、生徒さんは聞きながら手を動かし…。
120626西中版画教室1

下絵をその場で描いてる子、ほかの子の下絵を手伝う子、プラ板にニードルで描くまでなかなか進まない子もいて、どうなることかと心配しました。

ようやく一人目がプラ版完成。黒いインクを乗せはじめました。
120626西中版画教室2

その後、続々といろいろな色を選び、インクを伸ばしだしました。
120626西中版画教室3

自分でプレス機を回し、作品が現れました。
感動の一瞬!!
120626西中版画教室4

出来上がった作品の一部です。
120626西中版画教室5

さすが中学生。
120626西中版画教室6

後片付けも手際よく、行動にも感心しました。

みなさん面白かったようなので、次回は夏休みにも行えることになりそうで、今から交流を楽しみにしています。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

Yuliaと新郷小のなかまたちの作品展

yuliaと新郷小の作品展_convert_20100802222205

今日から8月。
暑い日が続いていますね。
夏バテしてないですか?

ちょうどお盆のころ、8月13日から17日まで、ユリアの作品展を開催します。

7月初めに新郷小学校の児童たちと芸術交流をした作品も展示します。
先生方にもご協力いただけることになりました。
いまごろ作品制作に励んでおられるでしょうか。
とても楽しみです。

ユリアにとっては、日本での最後の作品展となります。

また、14日は新郷地区の盆踊りです。
芸術家たちも参加する予定です。

この日は、芸術村に明かりを灯し、夜でも見学していただこうと思っています。

ぜひ、足をお運びください。

お待ちしています。

テーマ : アートイベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

ブエノスアイレスからの便り

6月末、第1期芸術家のエグレさんからメールが届きました。
以前、彼女に西会津町のイメージキャラクター募集をお知らせしましたが、彼女は忙しく、また、締切まで時間が無かったため、応募できませんでした。
でも、どんなキャラクターに決まったのか気になっていたようです。

彼女はリトアニアに戻っていたのですが、そのメールは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスからでした。
どうしてそこに住んでいるのか知りませんが、今日、彼女の新しい作品の写真が届きました。



今までとは違ったイメージと色合いの作品です。
進化し続けているんですね。
世界で活躍している様子で、とても嬉しいことです。

いま、ブエノスアイレスは真冬だそうです。
日本の反対側、南半球ですものね。
風邪を引かないように、気をつけてお過ごしください。

西会津ではもうすぐ梅雨が明け、真夏に突入です。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

新郷小学校との芸術交流「アートカップを作ろう」 2日目

今日の作業は、昨日描いた黒い枠の中に色付けです。

3つのグループに分かれ、色ペンを仲良く使うことにしました。
DSC00767_convert_20100721143602.jpg

好きな色を選んで、さっそく塗り始めました。
DSC00765_convert_20100721151220.jpg

校長先生が低学年の児童の手元を心配そうに見守っておられましたが、子供たちは迷うことなくどんどんと色を塗っていきます。
DSC00766_convert_20100721151343.jpg

色の作り方も教わりました。
紫なら、ピンクと青を塗りたいところに乗せ、ペンの反対側で混ぜながら塗り広げます。
みなさん夢中になってマイカップを作り上げていきました。
DSC00768_convert_20100721143747.jpg

塗り方を教わる目は真剣そのものです。
DSC00773_convert_20100721143852.jpg

あまり楽しそうなので、先生も黒いペンを持って描き始めました。
(これはいい、先生方にも作品製作の宿題を出させていただこう…!)
DSC00771_convert_20100721143833.jpg

ユリアはキャンドル用の台を針金で作り始めました。
DSC00775_convert_20100721143950.jpg

それぞれのカップの高さに合わせて針金を切り、両端をぜんまいのように巻いていきます。
創作風景_convert_20100721144902

どちらの向きに曲げるか、これがなかなか難しいのですが…、
DSC00776_convert_20100721144036.jpg

こんな風にろうそくを乗せて火を付け、カップの中に入れます。
DSC00805_convert_20100721154704.jpg

全員の作品が勢ぞろい。
DSC00779_convert_20100721144521.jpg

光を浴びて、みんなのカップがうれしそうです。
アートカップ 100709_convert_20100721144632

あとは、作品のタイトルを付けてもらい、作品展に飾るばかりです。
夏休み中には、先生方の力作も届くことでしょう。

8月13日~17日の「Yuliaと新郷小のなかまたちの作品展」をお楽しみに。

テーマ : 工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

新郷小学校との芸術交流「アートカップを作ろう」 1日目

10時25分、芸術村に新郷小学校4年生までの8名がやってきました。
DSC00744_convert_20100715181642.jpg

今日と明日は、ユリアさんと芸術交流の日ですが、さゆり中学3年生の授業と重なったため、小学生は、家庭科室で作業を行なうことにしました。
DSC00764_convert_20100708185745.jpg

6月に東京で行なったユリアさんの作品展が、8月13日から17日まで芸術村で開かれる予定で、そこに新郷小学校の児童の作品も飾ってもらおうということで、その作品作りをすることになりました。
DSC00745_convert_20100708185811.jpg

題して、「アートカップを作ろう!」です。
空きびんやコップにステンドグラス風の絵を描こうというものです。

今日はまず、それぞれのコップなどに、黒いインクで下絵を描く作業です。
ユリアさんが、「鉛筆のように持って、少しずつ出しながら描いてください」とコップを少し傾けて描き方の見本を示します。
先生も興味津々といった感じです。
DSC00747_convert_20100708185831.jpg

児童たちは、このようなペンを持ったことが無いようで、初めは強く押しすぎて線が太くなったり、盛り上がったりしました。

ユリアさんも心配そうに見て回り、ときどきお手伝いしていましたが、それぞれ思い思いに線をつなげていきました。
DSC00748_convert_20100708185850.jpg

DSC00750_convert_20100708185915.jpg

みなさん、なんとか黒い線を描き終わり、笑顔でごあいさつ。
DSC00754_convert_20100708185942.jpg


次の時間は、5・6年生が登場です。

初めは何を描こうか迷っている様子で、ユリアが黒板に図柄の見本を描いてくれました。
DSC00756_convert_20100708190006.jpg

それを見てイメージが膨らんだのか、それぞれの黒いペンが動き出しました。
DSC00757_convert_20100708190301.jpg

DSC00758_convert_20100708190323.jpg

次にユリアは、絵と絵を線でつなぐ描き方を教えました。
DSC00763_convert_20100708190400.jpg

さすが、反応が素早い高学年。
大胆に線をつなげていきます。
DSC00759_convert_20100708190344.jpg

全員、50分で下絵を完了しました。

明日は色付けです。
またまた、楽しみです。



テーマ : 工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター

イベント・スケジュール

ブログ翻訳

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©鮟鱇(あんこう)

プロフィール

art village

Author:art village
2004(平成16)年9月、福島県西会津町で廃校になった木造校舎にリトアニアから芸術家が来て「西会津国際芸術村」が始まりました。以来、ポルトガル・アメリカ・ドイツ・ブルガリア・クロアチアから10名の外国人芸術家と1名の日本人芸術家が滞在し、創作活動や芸術交流を行ってきました。
現在、版画家が毎月短期滞在して創作や町民、小中学生との芸術交流を広めています。

開館時間 10:00~15:00  休館日 公募展準備期間中のため不定期です。
☎&FAX 0241-47-3200
E-メール:nishiaizu.kokusai.
geijutsumura?gmail.com(?を@に代えて)

QRコード

QRコード

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。