04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術村となった旧新郷中学校はこうして建てられた

130105+(1)_convert_20130812221545.jpg

平成14年3月廃校となった旧新郷中学校は、平成16年9月西会津国際芸術村としてよみがえりました。
この木造校舎がどんな風に建てられたのか、詳しい様子が分かり、あらためて当時の方々のご苦労を思い知らされました。


『「新郷中学校の思い出」五十嵐長市 <平成14(2002)年3月発刊「新郷中学校記念誌」より抜粋>

(前略) 昭和22(1947)年4月25日付で新郷中学校教諭に任命されて奉職した。
以来、新学制発布による新郷中学校教諭として6か年間、新郷中学校の創設時代に尽力してきたが、何しろ、敗戦による治安維持に加え、新学制による教員の軌道修正、新教材・教具の整備充実等、その枚挙に暇がなかった。
 さて、新郷中学校を語る時、永久に忘れてならないのは、何といっても新郷中学校新築の涙ぐましい地区民の団結心と努力の姿である。

一、 当時新郷村は貧弱な寒村の一つだったので、なるべくお金をかけないで挙村一致で建築を行うこと。村直営村職人組合請負いの挙村体制をとった。

二、 整地、地均し作業は各集落廻りの奉仕作業で行うこと。

三、 木工、左官をはじめ職人は村の職人組合の請負工事とすること。

四、 木材をはじめ材料は、なるべく地区内各集落にある優秀な材料の譲渡をお願いして利用させて頂くこと。

五、 玉石、砂利、砂は笹川の両岸より、先生と生徒が始業時間の前に運搬すること。

六、 その他高学年の生徒は出来る限りの協力をすること。

七、 「建舞」は全戸の総力で行うこと。

 以上のような申し合わせで工事は順調に進み、昭和25(1950)年7月16日に着工し、昭和26(1951)年1月16日に上棟式、昭和26年12月1日に落成式を挙行したのは、まさに村民の誇りとなった。
 六つの教室、木造二階建て、283.5坪、総事業費403万円で完成となった。
 さらに、昭和29(1954)年には校庭の一部拡張工事、昭和49(1974)年には小中兼用の体育館が完成し、村民斉しく手を取り合って喜びあったものである。(中略)』


 なお、新郷中学校建築にあたって、奉仕作業従事者数は延べ3,083名に及んだと記録されています。
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

版画プレス機室工事完了

東京スタッフがコンクリート工事終了を確認しました。

床が廊下の高さに近付きました。
基礎工事2_convert_20100329231139

配水管の下も平らになり、見違えるようです。
基礎工事4_convert_20100329231629

今日も真冬並みの寒さ。
コンクリートが乾くのには時間がかかりそうです。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

版画プレス機室工事2日目

今朝も雪が降りましたが快晴。日差しは春です!

コンクリートミキサー車が到着。
今日も3人で作業をしていただきます。
DSC00522_convert_20100327105035.jpg

昨日敷いた砕石(砂利ではなかった)の上に流し込んで平らにならしたら終了。
1週間ほどで乾くでしょうか。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

版画プレス機室工事着工

かねて、NPO西会津国際芸術村で版画用のプレス機を購入したいと思っていたところ、昨年5月、版画家の故永瀬義郎氏の未亡人より、氏愛用の大型・中型プレス機を二台と周辺の機器も一緒にご寄贈頂けることになりました。

その設置場所の工事が今日と明日行なわれます。
今日は、まず、設置場所である元給食室(玄関正面)の荷物を運び出し、
DSC00511_convert_20100326184435.jpg

途中で測量も行なわれ、
DSC00514_convert_20100326184716.jpg

すっかりきれいにしていただきました。
DSC00516_convert_20100326184737.jpg

午後から、砂利を運ぶ通路が作られ、機械で何度も往復し(機械の写真を撮り忘れました)、
DSC00518_convert_20100326184754.jpg

びっしり砂利が敷かれました。
DSC00520_convert_20100326184811.jpg

このあと、スラブを張るそうです。

明日は、コンクリートを流す予定だそうです。

コンクリートが乾けば、東京からプレス機が運ばれます。
芸術村の活動がこれからどんなふうに広がるか、楽しみです。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

ロータスインに芸術村紹介スペース設置

町の温泉保養施設「ロータスイン」の一角の壁を、芸術村紹介スペースとして使用させていただけることになり、パネルと作品を準備して、取り付けに行ってきました。

場所は、フロントの前の廊下を進み、突き当りを右に曲がった右手の壁です。

高さ1.5m、幅6mほどの広さがあり、そこに、『芸術村のあゆみ』、『交流の写真』、
『芸術家と国の紹介』、『ユリアの作品』、『作品展のポスターと案内地図』をテグスで吊り下げました。

宿泊のお客様がさっそく関心を寄せてくださっています。
ロータスインでの準備1

町内の方も、「この絵、ケーブルテレビで見たよ」と声をかけてくださいました。
嬉しいかぎりです。
ロータスイン出の準備2

風で揺れるので、ちょっと収まりが良くないですが、とりあえず完了。
ロータスインでの準備3

あとで、公募展の紹介パネルも取り付ける予定です。

ロータスインへお立ち寄りの際は、休憩所の入り口を2、3歩過ぎて、角を曲がってご覧ください。

また、休憩所の入り口付近には、「にしあいづ絵画クラブ」のメンバーの作品も飾ってありました。
こちらもすばらしいです。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター

イベント・スケジュール

ブログ翻訳

日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©鮟鱇(あんこう)

プロフィール

art village

Author:art village
2004(平成16)年9月、福島県西会津町で廃校になった木造校舎にリトアニアから芸術家が来て「西会津国際芸術村」が始まりました。以来、ポルトガル・アメリカ・ドイツ・ブルガリア・クロアチアから10名の外国人芸術家と1名の日本人芸術家が滞在し、創作活動や芸術交流を行ってきました。
現在、版画家が毎月短期滞在して創作や町民、小中学生との芸術交流を広めています。

開館時間 10:00~15:00  休館日 公募展準備期間中のため不定期です。
☎&FAX 0241-47-3200
E-メール:nishiaizu.kokusai.
geijutsumura?gmail.com(?を@に代えて)

QRコード

QRコード

カテゴリ

最新コメント

リンク

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。